スポンサードリンク

ゼアキサンチン

視力の維持・回復にはゼアキサンチンが効果があるとされています。ゼアキサンチン(zeaxanthin)は、緑黄色野菜に多く含まれている橙色から黄色を示す脂溶性の色素成分、カロテノイドの一種です。



カロテノイド(carotenoid)とは自然界に600種類以上存在する赤色から黄色の天然色素の総称であり、β-カロテンなどの炭素と水素のみでできているカロテン類と、ルテインやゼアキサンチンなどのそれ以外のものを含むキサントフィル類に分類されます。



カロテノイドは、強力な抗酸化作用を持つのが特徴で、ゼアキサンチンも高い抗酸化作用を持ち、人間の体内ではルテインとともに目の黄斑部に存在して、黄斑変性症や白内障の予防に対する効果が期待されています。



黄班部(おうはんぶ)とは、眼の網膜の中央部分にあり、外部から入ってきた光が、像をむすぶところです。眼球で最も光が集まる部分であり、視力を支えている非常に重要な部位です。したがって、黄斑部の中央にいくほど、つまり「中心窩(ちゅうしんか)」ほど、活性酸素や紫外線・有害な可視光線などに曝されます。



ゼアキサンチンは、網膜にある黄班部の中央部分「中心窩」に、とくに多く含まれていて、ルテインは、黄班部のなかでも、その周辺に多く含まれています。



私たちが物を見るということは、黄斑部にある、何百個もの光を受け止めるための細胞を活性酸素や紫外線、そして、ブルーライトなど有害な可視光線に曝すことになります。



その結果、細胞が光によってダメージを受けて、黄斑部が変性し、物体の大きさや色彩などが違って見えたり、さらには物が動いたり曲がったように見えるようになります。症状が悪化すると、視野の中心に黒い点が現れるようになり、やがて失明に至るのが、黄斑変性症です。



ゼアキサンチンが十分にあるならば、その強力な抗酸化作用によって、黄斑部で発生した活性酸素や、紫外線や青色の光(ブルーライト)を吸収することで細胞を守り、黄斑変性症を予防する効果を期待できます。



さらには、その高い抗酸化作用によって、水晶体を活性酸素から守ることで白内障を予防する効果も期待できるとの報告もあります。



ゼアキサンチンは、パプリカやほうれん草などの緑黄色野菜や、とうもろこし、パパイヤ、クルミ、乾燥したスピルリナなどのほか、卵黄や動物脂肪、レバーにも含まれます。



パプリカには、100g当たり1608μgと一般的な食品としては最も多く含まれていますが、漢方薬で知られるクコの実には、100g当たり7500μgも含まれています。



ゼアキサンチンは脂溶性の成分であるため、緑黄色野菜から摂取する場合には、調理の際に油を使用するとゼアキサンチンが油に溶け込み、体内への吸収が良くなると考えられています。



また、ゼアキサンチンは活性酸素を除去すると自身が酸化してしまいますが、ビタミンCなどの水溶性の抗酸化物質を一緒に摂取することで、一度失われた効果が戻ることが明らかとなっています。



ところで、同じ黄斑部にあるルテインの一部が、ゼアキサンチンと同様の働きを示すといわれているメソゼアキサンチンに変換されることから、ゼアキサンチンの摂取は重要視されてきませんでした。



しかしながら、近年、ゼアキサンチンとルテインの存在している場所が少し異なることが明らかとなってから、両者が持つ働きが異なっている可能性が考えられています。



ゼアキサンチン 関連 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク



視力回復 トレーニング 最新一覧 By 楽天



視力回復8週間徹底プログラム
あなたはただ8週間、このプログラムを実行するだけで、今より着実に視力が回復します。






自然の栄養素たっぷり!「北の国から届いたブルーベリー」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。