スポンサードリンク

タウリン

タウリン不足が、視力低下や暗順応機能の低下の原因のひとつといわれています。タウリン(Taurine)は、非必須アミノ酸のシステインから体内で合成できます。別名アミノエチルスルホン酸(Aminoethylsulfonic acid)といい、アミノ酸に非常に近い成分です。



タウリンは、目の組織に多量に含まれていますが、網膜中に含まれる量は、血清中に含まれる量の500倍といわれるほど高濃度に含まれています。



網膜中には多数の光受容細胞があり、外部からの光の刺激を感知して脳中枢へと伝達します。つまり、網膜は「視覚」を生じさせる重要な役割を果たしています。タウリンは、この光受容細胞に豊富に含まれることで、過剰に反応しないように網膜の神経を抑制し、網膜を守っているのだと考えられています。



中高年が、暗闇の中で目が慣れるまで時間がかかるのは、老化にともなうタウリンの合成量の減少による網膜中のタウリン不足での暗順応機能の低下が原因のひとつといわれています。



タウリンは、また、肝臓が弱っている場合には肝細胞の再生を促進させるほか、胆汁酸の分泌を促進させたり、肝臓での解毒作用を向上させるなど肝機能の向上に大いに役立ちます。



肝臓の働きが弱ると視力に悪影響をもたらすことはよく知られています。したがって、タウリンの摂取は、肝機能を向上させることでも視力の回復に効果をもたらすといえます。



タウリンは、眼の網膜や肝臓以外にも、筋肉、脳、心臓などの臓器などに高い濃度で含まれています。そして、タウリンは、体を緊張させる交感神経の働きを抑制する作用があります。



交感神経が抑制されると、副交感神経が優位になります。そうすると、体がリラックス状態になり、目の神経も休息できることで疲労回復しやすくなり、視力回復に効果があります。



タウリンは、抗酸化作用があり、私達の身体や細胞を正常な状態に戻そうとする作用(ホメオスタシス)があることでも視力回復に効果があるといわれています。

タウリン 最新一覧 By 楽天
タグ:タウリン
| タウリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク



視力回復 トレーニング 最新一覧 By 楽天



視力回復8週間徹底プログラム
あなたはただ8週間、このプログラムを実行するだけで、今より着実に視力が回復します。






自然の栄養素たっぷり!「北の国から届いたブルーベリー」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。