スポンサードリンク

クコの実

クコの実が視力回復に効果があるといわれています。クコ(枸杞、学名:Lycium chinense)は、中国原産のナス科の落葉低木です。



クコの実は生食やドライフルーツにしたり、酒に漬けこんでクコ酒にするなどして利用されています。薬膳として粥の具にもされ、柔らかい若葉も食用にされます。



薬効があることから、クコの果実、根皮、葉は、それぞれ枸杞子(くこし)、地骨皮(じこっぴ)、枸杞葉(くこよう)という生薬名をもちます。



クコの果実や、果実を乾燥した枸杞子(くこし)には、ゼアキサンチン (zeaxanthin)が含まれています。
クコの実100g当たり7500μgも含まれています。


ゼアキサンチンは、目の網膜に含まれるカロテノイドの一種で黄色から橙色の色素成分で、目の網膜の視細胞が多く集まる黄斑(おうはん)の主要な構成成分です。



黄斑は、網膜の中心部で、色覚や視力のもっとも鋭敏な部位で、見ようとする外界のものは、この黄斑に像を結ぶようになっています。



ゼアキサンチンは、黄班の中央部分「中心窩(ちゅうしんか)」に、とくに多くふくまれています。黄斑の中央にいくほど、つまり中心窩ほど、紫外線や有害な可視光線の影響をうけます。



網膜には、ゼアキサンチンとともにルテインというカロテノイドが存在しています。ゼアキサンチンは、ルテインとともに紫外線を吸収して活性酸素の害を抑制し、黄斑を正常に保ち、黄斑変性を予防する働きがあります。また、白内障の予防にも効果を発揮します。



網膜黄班の中心窩に多く存在しているゼアキサンチンのほうが、網膜周辺部に多いルテインよりも、抗酸化作用が強力な成分であると考えられています。



したがって、クコの果実は、ゼアキサンチンを含むことで眼精疲労などに効果があると考えられています。



クコの実には、他にも、カロテノイド、ベタイン (betaine) 、ビタミンB1、ビタミンB2、リノレン酸、アミノ酸および多種類のミネラル、微量元素が含まれていて、老化防止や強弱体質改善、肌のつや改善など美肌に対しての効果効能があるようです。



クコの果実を乾燥した枸杞子には、血圧や血糖値の低下作用、抗脂肪肝作用などや、精神が萎えているのを強壮する作用もあるとされ、また、抗がん剤や放射線の副作用を抑制する作用があると言われています。

クコの実 最新一覧 By 楽天
タグ:クコの実
| クコの実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク



視力回復 トレーニング 最新一覧 By 楽天



視力回復8週間徹底プログラム
あなたはただ8週間、このプログラムを実行するだけで、今より着実に視力が回復します。






自然の栄養素たっぷり!「北の国から届いたブルーベリー」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。