スポンサードリンク

ブルーライト

ブルーライトは、赤色光に比べて散乱しやすく、理論的には眼精疲労や眼疾患を引き起こしやすいといわれています。



ブルーライトとは、可視光(380ナノメートルから750ナノメートル)の中でも波長が短い光(380ナノメートルから495ナノメートル前後の光)を指し、紫から青色の光のことです。



可視光では紫の光がもっとも波長が短く、更に短いのが紫外線になります。ブルーライトは、紫外線により近い波長域で、単位あたりのエネルギーが強い事が知られています。



ブルーライトは、角膜や水晶体では吸収されず、目の奥の網膜まで届く性質もあるため、日常で最も強いブルーライトを発生する太陽光を直接見ると活性酸素が増加して網膜を痛め網膜症になる恐れがあります。



このブルーライトが、パソコンやスマートフォン、液晶テレビなどのデジタルディスプレイから発せられていることから、眼への影響が懸念されています。



これらのブルーライトは、太陽光に比べるとはるかに微弱であることから、太陽光のように短時間で害をもたらすものではありませんが、長く見続けると影響は避けられないと考えられています。



また、夜間は周囲の暗さに順応して瞳孔が開くので、デジタルディスプレイを見た場合、より多くのブルーライトが網膜に届く可能性もあります。



そのため、眼や人体に対する影響が考えられることから、最近ではブルーライトをカットするメガネや画面保護フィルムが多数販売されています。



そして、カロテノイドのルテインと、ゼアキサンチンは、強い抗酸化力を持つことでブルーライトや紫外線から眼を守ってくれていることがわかっています。



さらに、網膜に発見されたメラノプシンを含む神経節細胞(mRGCs:melanopsin-expressing Retinal Cell)が、ブルーライトのなかの、470ナノメートル付近の短波長の光に反応して、いわゆる体内時計、サーカディアンリズムに影響するメラトニンの産生を抑制することが知られています。



そのため、朝にブルーライトを浴びるのは目覚めにとても効果的と考えられますが、夜就寝前に多量に浴びるのは、睡眠の質の低下をもたらす可能性が高いと考えられています。



ブルーライト対策には、メガネや画面保護フィルムなどを利用するほかにも、画面の輝度と色温度を下げることでも充分高い効果が期待できるとの報告もあります。

ブルーライト 関連 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク



視力回復 トレーニング 最新一覧 By 楽天



視力回復8週間徹底プログラム
あなたはただ8週間、このプログラムを実行するだけで、今より着実に視力が回復します。






自然の栄養素たっぷり!「北の国から届いたブルーベリー」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。