スポンサードリンク

桑の葉

桑の葉が眼精疲労に効果があるといわれています。桑の葉は、養蚕における蚕の餌として知られています。桑の葉を煎じてお茶としたり、青汁として桑の葉を丸ごと利用されたりしています。



桑の葉は、青汁の原料として使用されることの多いケールと比べても栄養成分が豊富に含まれています。例えば、ビタミンAβ-カロテンを含むことでビタミンA効力はケールの6倍とされていて、ほかにも、ビタミンB1は2.9倍、ビタミンB2は4.4倍、ビタミンEは13.7倍、総クロロフィルは1.5倍、SOD活性は3.7倍、そして、食物繊維は20.4倍、ごぼうの約6倍あるといわれています。



桑の葉は、さらに、ビタミンCはレモンの約1.4倍の196mg/100g、鉄分はホウレン草の約3倍、納豆の約15倍の7.54mg/100g、カルシウムは、こまつなの約12倍、牛乳の約20倍の2350mg/100g、含まれているとされています。また、γ-アミノ酸が38mg/100g、フラボノイドの一種であるルチンが67mg/100g、イソクエルシトリンが170mg/100g含まれています。



桑の葉には、さらに桑の葉特有の成分としてデオキシノジリマイシン(1-Deoxynojirimycin)略してDNJが含まれています。DNJには「抗酸化作用」「血糖値を下げる」「血圧を下げる」「便秘解消」などの作用があるとされています。また、血糖値を抑制する作用から、低インスリン状態を維持し、体脂肪を抑制するダイエット効果が期待されています。



ビタミンAや、β-カロテンは、視力の維持を助ける栄養成分です。また、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きがあります。ビタミンCは、眼球に一番多く存在しているビタミンです。体細胞を結ぶコラーゲンをつくるのに関わったり鉄の吸収をよくします。皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに抗酸化作用をもつ栄養成分です。



桑の葉に含まれるこれら有効成分が抗酸化作用を働くなどして眼精疲労やドライアイに効果をもたらすだけでなく、生活習慣病といわれる、高血圧、高脂血症、糖尿病などや、がんを予防する効果があるといわれています。



桑の葉は、そのほかにも、肩こりや、ダイエット、肥満防止、便秘、動脈硬化、貧血症、低血圧症などに効果があるといわれていて、桑は、その葉だけでなく、木丸ごと薬効があるとされています。



桑の枝は桑枝(そうし)、桑の葉は桑葉(そうよう)、桑の根の皮は桑白皮(そうはくひ)、桑の実は桑椹子(そうじんし)と呼ばれ生薬の原料となっています。

桑の葉 最新一覧 By 楽天
タグ:桑の葉
| 桑の葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク



視力回復 トレーニング 最新一覧 By 楽天



視力回復8週間徹底プログラム
あなたはただ8週間、このプログラムを実行するだけで、今より着実に視力が回復します。






自然の栄養素たっぷり!「北の国から届いたブルーベリー」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。