スポンサードリンク

レーシック

レーシックは、手術による視力回復法として知られています。レーシック(Lasik)とは、レーザー(エキシマレーザー)を使用して、眼の角膜を薄く削り、角膜の曲率を調整して視力を回復させる手術です。



レーシック (LASIK) は、Laser in Situ Keratomileusis「レーザーを角膜に照射し、修正する」という意味の頭文字を取ったものです。角膜の表面を薄くスライスし、フラップ(ふた状のもの)を作りますが、フラップの強度は、元には戻りません。強い外圧がかかるとフラップがずれる場合があります。



視力は術後直後から1日程度で矯正されます。視力が安定するには1週間から1ヶ月程度の期間が必要とされていますが、近視の場合、90%以上の人が裸眼視力1.0以上になるようです。



レーシックは角膜を削る手術をするため、個々の違いはあるものの、合併症のリスクが伴います。中には深刻な合併症となる場合があり、後遺症として残る場合もありますが、適切な手術が行われた場合、深刻な合併症の起こる確率は1%未満と言われているようです。



しかし、レーシック後6か月の術後治療期間の後にドライアイに罹患している割合が33%を超えているとの報告があります。ドライアイは、さほど深刻な症状とはいえませんが、このドライアイは、後遺症として残る場合もあり、人工涙液だけでなく、涙点プラグなどが必要になる例もあるようです。



また、レーシックの合併症としては、術前より矯正視力が低下し、眼鏡やコンタクトレンズ、再手術によっても矯正できないことがあったり、過剰矯正および矯正不足、視力の変動、ゴースト像、などがあります。



そのほかにも、フラップのしわ、フラップの下の塵や腫瘍、フラップの穴、照射のずれによる乱視、角膜拡張、飛蚊症、上皮侵食、後部硝子体剥離、黄斑円孔、などがあり、したがって、レーシックの術後かなりの人が、なんらかの違和感を覚えていることが推測されます。



レーシックは、現在のところ治療には健康保険が適用されず、自由診療である事から手術費用は診療所や医院によって幅があり、両眼で8万円から50万円程度とかなり開きがあります。術後も定期的に受診する必要があることから、トータルの利便性などを考慮して、施術医院などを選ぶ必要があります。

レーシック 最新一覧 By 楽天
タグ:レーシック

スポンサードリンク



視力回復 トレーニング 最新一覧 By 楽天



視力回復8週間徹底プログラム
あなたはただ8週間、このプログラムを実行するだけで、今より着実に視力が回復します。






自然の栄養素たっぷり!「北の国から届いたブルーベリー」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。