スポンサードリンク

ビタミンB6

ビタミンB6の不足が、視力の悪化をもたらす原因のひとつと考えられています。



ビタミンB6は、アミノ酸の生成に関係してるビタミンとして知られていますが、タウリン(Taurine)の生成に関与していることでも知られています。



タウリンは含硫アミンの一つです。つまり、アミノ酸のようにアミン基をもち分子中にイオウを含む化合物のことです。しかし、アミノ酸と異なるところは、カルボキシル基に代わって、スルフォン基を持つところです。



タウリンは、別名アミノエチルスルホン酸といい、目の網膜の発展を促す役割があります。貝や牡蠣、タコなどの魚介類に多く含まれます。



タウリンは、網膜に高濃度で含まれていますが、筋肉、脳、心臓や肝臓などの臓器などにも遊離状態で高い濃度で含まれていて、私たちの体重の約0.1%はタウリンだと考えることが出来るほど含有量の多い成分です。



タウリンは網膜においては、光を脳の中枢に伝達する光受容細胞で神経が過剰に興奮するのを抑制したり、細胞を守ったりしていると考えられているので、紫外線やゴミなどによる目のダメージを回復し、視力低下を防いでくれる効果があります。



タウリンの不足は、視力の低下や、暗闇でも目が暗さに慣れるまでに時間がかかるなどの症状(暗順応機能の低下)を招くことになります。また、目の網膜機能障害がタウリン不足に関係があるということも分かっています。



ウリンは、メチオニンやシステインなどのアミノ酸から体内合成できる成分ですが、システインからタウリンを合成する時、ビタミンB6を必要とします。



したがって、ビタミンB6の不足は、タウリン不足を招いて視力の低下などをもたらす可能性があります。



ビタミンB6が含まれるものとしては、さば、かに、インゲン豆、バナナ、ブロッコリー、ほうれん草、ニラ、キャベツ、ピーナッツなどがあります。一日に必要な量は、2.0ミリグラム、いわし2匹、さば一匹半に相当します。



ビタミンB6は、水溶性ですから、過剰摂取しても心配はないようです。



ビタミンB6 関連 最新一覧 By 楽天
タグ:ビタミンB6

ビタミンB2

ビタミンB2は、ビタミンAとともに眼の働きを正常にする作用があり、視力回復や、白内障を含む多くの眼の疾患の予防や治療に役立ち、眼の充血、乾燥、かゆみ、眼精疲労などの改善を期待できるといわれています。



ビタミンB2は、リボフラビン(Riboflavin)とも呼ばれますが、これは、水溶液が黄色であることでラテン語で黄色を表すフラビンと五角形の糖を意味するリボースとからなるものです。過剰に摂取すると不要分が黄色い尿となって排出されます。



ビタミンB2は、体内で補酵素として働き、ビタミンAとともに眼だけでなく、皮膚の働きを正常にし、呼吸、消化、循環系の粘膜の健康を保ち、体の健全な発育を促進します。そして、摂取した脂質を効率よくエネルギーに変えるエネルギー代謝のほか、多くの物質代謝にかかわっています。



ビタミンB2が不足すると目が充血したり、光に対して非常に敏感になり目がチカチカするようになります。最も顕著には肌に影響が現れます。肌にうるおいがなくなり、やがて肌がカサカサになりはがれやすくなります。いわゆる乾燥肌です。さらに口内炎や、舌が荒れたりする症状があらわれます。



そのほかにも、肌が脂っぽくなる、頭髪のフケがひどくなる、にきび、口角炎、などの症状を引きおこします。ビタミンB2は、水溶性ビタミンのため、大量に摂取しても、過剰症の心配はありません。



しかし、水溶性であることから体内に蓄積することが出来ないため毎日摂取する必要があります。妊産婦やアルコールを多く飲む人、激しい運動をする人は体内での消費量が増えるため不足しやすいといわれています。



ビタミンB2は、酸には強いですが光や熱にはとても弱く、これらにさらされると簡単にこわれてしまいます。そして、やっかいなことに、ビタミンB2は壊れるときにほかの栄養素も巻き添えにして破壊してしまいます。ですからビタミンB2を含む野菜などは保存に充分気をつけたいところです。



ビタミンB2を豊富に含むものとしては、イースト、牛乳、牛・鳥・豚のレバー、さば、うなぎ、海苔、抹茶、アーモンドなどがあります。一日に必要な摂取量は、1.7mg、豚のレバー25g、うなぎの蒲焼1匹に相当します。

ビタミンB2 最新一覧 By 楽天
タグ:ビタミンB2

ビタミンB群

ビタミンB群は、視神経や眼の筋肉の疲労を解消し、視力低下を防ぐ効果があります。さらに、タンパク質や炭水化物の吸収を助けて細胞の成長を促して老化を防ぐ働きがあります。



ビタミンB群とは、水溶性ビタミンのうち、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチンの8種のビタミンのことで、いずれも体内において、補酵素として機能することが知られています。



例えば、ビタミンB2 (Vitamin B2)は、リボフラビンとも呼ばれ、白内障を含む多くの眼の疾患の予防や治療に役立ち、眼の充血、乾燥、かゆみ、眼精疲労といった症状を改善する効果が期待されています。



ビタミンB群は、糖質、たんぱく質、脂質などのエネルギー変換にかかわりが深く、B群が互いに連携して働いています。そのため、一緒に摂取するとエネルギー変換がよりスムーズになり、効果が高まります。逆に不足するビタミンがあるとその量に合わせて効率が低下してしまいます。



したがって、ビタミンB群の、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチンはそれぞれをバランスよく摂ることが効果を得るには効率的といえます。



また、わらびやぜんまい、鯉などの淡水魚、貝類には、アノイリナーゼというビタミンB1を分解する酵素が含まれています。アノイリナーゼは加熱によって分解できますが、これらの食材を充分加熱調理して用いなかったときは、ビタミンB1の不足が懸念されます。



さらには、尿排泄を促進する薬を服用すると、ビタミンB群が十分な働きをしないうちに尿中の水分に溶けて一緒に排泄されてしまいます。ビタミンB群を摂取するときには注意が必要です。




ちなみに、それぞれの1日に必要な摂取量は、ビタミンB1・1.5ミリグラム、ビタミンB2・1.7ミリグラム、ナイアシン・19ミリグラム、ビタミンB6・2.0ミリグラム、ビタミンB12・0.002ミリグラム、葉酸・0.2ミリグラム、ビオチン・0.03ミリグラム、パントテン酸・4〜7ミリグラムとわれています。

ビタミンB 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク



視力回復 トレーニング 最新一覧 By 楽天



視力回復8週間徹底プログラム
あなたはただ8週間、このプログラムを実行するだけで、今より着実に視力が回復します。






自然の栄養素たっぷり!「北の国から届いたブルーベリー」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。