スポンサードリンク

ビタミンC

ビタミンCは、眼球に一番多く存在しているビタミンです。ビタミンCが欠乏すると、白内障、飛蚊症など目の成人病といわれる疾病の原因となるとされています。



眼の中では血液の変わりに「房水」(ぼうすい)という透明の液体が流れていて、角膜・水晶体・硝子体など血管のない組織に酸素や栄養素を供給していて、目の中の毛様体というところで作られます。



毛様体から瞳孔および隅角にあるフィルター(線維柱帯)を通って、シュレム管に集まり、静脈へと流れ込みます。この房水の流れのどこかに障害が起こると、眼圧が上昇します。眼圧の上昇により起こる病気が、緑内障です。



この房水の成分はおおよそ血清と同じですが、房水中のビタミンCの濃度は血液中の約50倍あります。このように、眼は常に大量のビタミンCを必要としてしていることから、ビタミンCの不足は眼の視力などに悪影響を及ぼすといえます。



ビタミンCは、したがって、眼においては、物を見る細胞(網膜)、角膜・水晶体・硝子体などの老化を防ぎ視力を維持する作用があると考えられます。



そして、ビタミンCには皮膚などを構成するコラーゲンの生成をたすける美肌効果や、抗酸化作用により白血球のはたらきを助けて免疫力を高めたり、抗ストレスホルモン、アドレナリンの生成を助け、発がん性物質の生成を阻害するなどの作用が期待されています。



ビタミンCは、眼だけでなく体全体においても大切なビタミンですが、体内ではストレスなどの影響を受けて壊れやすく、忙しくて不規則な生活を強いられている方は慢性的にビタミンCが不足している可能性が高いと言えます。



したがって、眼を酷使している方は、健康な成人の場合でも1日2000mg、目の病気になったら1日5000mgを積極的に摂ることが改善への近道となるとされています。



また、直射日光に曝されることの多い人は、紫外線がビタミンCの消費を増加しますし、タバコを吸う人は、1本の喫煙で25mgのビタミンCを消費します。そして、お酒を飲む人は、アルコールがビタミンCの吸収をさまたげます。



さらには、ストレスの多い生活をしている人は、抗ストレスホルモン、アドレナリンの生成が増加して、ビタミンCの消費も増加しますし、激しい運動をすると、ビタミンCは水に溶けやすいため汗ともに体外へ流れ出してしまいます。また、外食の多い人は、ビタミンCを多く含んでいる野菜や果物の摂取が少ないことが多くビタミンC不足となっています。



ビタミンCは1日の必要量が60ミリグラムといわれていますが、眼に不安がない人でも、健康のために、ビタミンCを一日2〜3回に分け、500〜1000mg程度を目安として摂取することで風邪予防などとなりおススメです。ビタミンCは、水溶性ですから過剰にとっても心配はないようです。

ビタミンC 最新一覧 By 楽天
タグ:ビタミンC

スポンサードリンク



視力回復 トレーニング 最新一覧 By 楽天



視力回復8週間徹底プログラム
あなたはただ8週間、このプログラムを実行するだけで、今より着実に視力が回復します。






自然の栄養素たっぷり!「北の国から届いたブルーベリー」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。