スポンサードリンク

ビタミンE

ビタミンEは、視力の回復・維持に重要な働きをしているビタミンのひとつです。ビタミンEは、毛細血管を拡張し、血行を良くすることなどで眼精疲労の予防・改善に効果があるとされています。



ビタミンEは、ビタミンAの活性を高めることも知られています。ビタミンAは夜盲症や視力低下を防ぐことで知られるビタミンです。また、ビタミンAは、呼吸器系の感染に対する抵抗力を高め、免疫機能を適切に作用させ、強い骨、健康な皮膚、髪、歯、歯茎をつくる作用があることでも知られています。



ビタミンEは、さらに、ビタミンBやビタミンCと共に造血の働きをします。造血には、数多くの酵素の化学反応が関係していますが、ビタミンEはそれらの補酵素としての役割を持っています。そのため、ビタミンEは、血流の健全化に寄与することで視力の回復・維持に貢献していると考えられます。



ビタミンEは、さらに、抗酸化作用をもつビタミンで、眼の筋肉などの細胞を活性酸素から守ることで視力の低下などを防いでいます。ビタミンEは、脂溶性ビタミンで、細胞膜に常駐し、いち早く活性酸素等のフリーラジカルをただちに捕捉して不飽和脂肪酸への影響を未然に防ぎます。



このとき、ビタミンEは反応性の穏やかなビタミンEラジカルへと変化して、その活性を失いますが、ビタミンCなどの抗酸化物質により還元されることで抗酸化作用のあるビタミンEへと再生されます。



ビタミンCの場合には、ビタミンCラジカルとなり、水溶性ですので分解された後、尿中へと溶けだし対外へと排出されます。したがって、ビタミンEを有効に作用させるには、充分なビタミンCの摂取が効果があるといえます。



ビタミンEは、脂溶性のビタミンであることから、体内に蓄積しやすく過剰に摂取する必要はなく、単独で摂取するよりも、ビタミンCなどとともに摂取する方がより効果が得られるといえます。



ビタミンEとビタミンCを摂ることで急性ブドウ膜炎の視力を改善したとか、β-カロテンビタミンC、ビタミンEおよび亜鉛を毎日摂取することで、加齢黄斑変性の視力を失うリスクや、病状をさらに進行させるリスクを減少させたという報告や、ビタミンE、ルテイン、ゼアキサンチンの摂取量が多いと白内障発症リスクが低かったという報告もあります。



ビタミンEは脂溶性の抗酸化物質であることから細胞膜や血中脂質が活性酸素により酸化されるのを防ぐ働きがあります。活性酸素により細胞が酸化されてしまうことは、視力を低下させるだけでなく、老化や生活習慣病の根本的な原因ともなると考えられています。



ビタミンEには毛細血管を拡張することにより血行をよくする働きがあり、コレステロールが酸化されるのを防ぐ働きもあります。したがって、動脈硬化や冷え性、肩こり、肌荒れを予防し、抗酸化作用により前立腺ガンや胃ガンの予防効果も期待されています。



ビタミンEは運動と密接な関係があることもわかっています。激しい運動をすると、ビタミンEは消耗されます。運動をすると、体内で酸化ストレスが発生します。ビタミンEは抗酸化作用を持っていますので、ビタミンEをビタミンCと共に積極的に摂ることで、抗疲労効果を期待できます。



ビタミンEは、別名をトコフェロールといいます。これは、造語で、子供を生ませるものという意味があります。その名の通り子供の妊娠には男女ともとても重要な働きをするとされています。



ビタミンEの必要な摂取量は、成人男性で、1日10mg、女性は8mgです。また、理論的には過剰な摂取は弊害があると考えられるため、アメリカのオリンピック医学委員会では、スポーツ選手の摂取量の上限のガイドラインを100mg〜400mgと設けています。

ビタミンE 最新一覧 By 楽天
タグ:ビタミンE

スポンサードリンク



視力回復 トレーニング 最新一覧 By 楽天



視力回復8週間徹底プログラム
あなたはただ8週間、このプログラムを実行するだけで、今より着実に視力が回復します。






自然の栄養素たっぷり!「北の国から届いたブルーベリー」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。