スポンサードリンク

血液網膜関門

血液網膜関門(けつえきもうまくかんもん)は、網膜色素上皮層にあって、眼の網膜を防御するシステムで、脈絡膜血管から網膜への特定の成分以外の移行を排除することで眼の視力に最も関係している網膜を守っている防御機構です。



血液網膜関門を通過できる成分はかぎられており、カロテノイドでは、ゼアキサンチンとルテインが知られていて、さらに、アスタキサンチンも通過することで網膜での活性酸素を消去する抗酸化作用に効果があるといわれています。



網膜は、視神経を通して脳中枢へと信号を伝達する重要な組織です。眼の視力の維持・回復には、したがって、ルテインやゼアキサンチンの摂取は必要なことといえ、さらに、アスタキサンチンの摂取も有効と考えられています。



血液網膜関門(blood retinal barrier、BRB)のような生体防御機構を血液臓器関門といいます。最も代表的なものとして、脳細胞を守る、血液脳関門(blood-brain-barrier: BBB)があります。



ちなみに、アスタキサンチンや水素水に含まれる水素は、この血液脳関門を通過することが出来、ビタミンは通過出来ないことが知られています。これらを摂取することは脳の視神経を活性化することを期待でき、視力の維持・回復に効果を期待できるといえそうです。

ルテイン 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク



視力回復 トレーニング 最新一覧 By 楽天



視力回復8週間徹底プログラム
あなたはただ8週間、このプログラムを実行するだけで、今より着実に視力が回復します。






自然の栄養素たっぷり!「北の国から届いたブルーベリー」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。