スポンサードリンク

ツルレンゲエキス

ツルレンゲエキスは、視力回復効果を期待できるハーブエキスのひとつです。ツルレンゲは、主に中国、内モンゴルに自生するマメ科の多年生植物で、その種子をシャエンシ(沙苑子)といいます。漢方薬として、煎じて服用することでめくらみを治す、肝・腎臓の機能不足を補う効果があるといわれています。



ツルレンゲエキスを摂取することで、眼の網膜周辺部位に存在するカロテノイド、ルテイン(英: Lutein)の光劣化防止効果などが確認されています。



ルテインは、強い抗酸化力を持つことで紫外線やさらにもっとも眼に有害とされる青色光を吸収することで眼を守ってくれている成分として知られています。



さらに、ツルレンゲエキスは、Tie2(タイツー)活性化作用があることが知られています。Tie2(タイツー)とは、血管内皮細胞に発現する受容体型チロシンキナーゼ(タンパク質のチロシン残基をリン酸化する酵素)です。



Tie2(タイツー)の活性化は、老化によって引き起こされる血管透過性の悪化を正常化へと促し、毛細血管においては栄養成分を末端組織まで供給する作用が期待できます。



毛細血管は、血管内細胞とそれを覆う壁細胞の二層構造になっています。この構造が正常な場合には、血液が末端まで届き、細かな網から滲みだすようにようにして必要な量の栄養分が隅々まで届けられています。



ところが、毛細血管は、加齢とともに血管内細胞から壁細胞が剥離しやすい、不安定な状態に陥りやすくなると考えられます。40代後半に血管内細胞から壁細胞がはがれることで、血液が過度にもれやすい毛細血管が増加することが確認されています。



視力低下の原因のひとつに、視神経細胞の障害があります。外傷や炎症などで角膜奥の房水が滞留するなどで眼圧が上昇すると、網膜が圧迫され、視神経細胞が障害を受ける場合、眼圧上昇により、網膜上の血管も圧迫され、血流が悪化、虚血状態となります。



その結果、酸素・栄養が不足するなどで、視神経細胞や周辺細胞にダメージが加わり、視力低下が引き起こされると考えられます。



そのため、ツルレンゲのTie2(タイツー)活性化による血流改善効果は、視力回復に効果があると考えることが出来ます。



ある実験では、ブルーベリーよりもツルレンゲの方が、神経細胞の減少が少なく、ダメージが抑えられ、視力低下や緑内障などの予防効果が期待できるとの報告もあるようです。

ツルレンゲ 関連 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク



視力回復 トレーニング 最新一覧 By 楽天



視力回復8週間徹底プログラム
あなたはただ8週間、このプログラムを実行するだけで、今より着実に視力が回復します。






自然の栄養素たっぷり!「北の国から届いたブルーベリー」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。